佐々木蔵之介、命の尊さ実感した独取材 ロケ2日後にテロ事件

?

佐々木蔵之介、命の尊さ実感した独取材 ロケ2日後にテロ事件
スポンサーリンク

 俳優・佐々木蔵之介が出演する読売テレビ・日本テレビ系『ドイツが愛した日本人 ~佐々木蔵之介が巡る、ある医師の物語~』が、5日の午後3時より放送される。第二次世界大戦のさなか、ドイツの地方都市・ヴリーツェンで自らの命と引換えに人々を救い続けた日本人医師・肥沼信次さんの足跡を追うドキュメンタリー番組。12月中旬には実際に現地に足を運んだ佐々木だったが、ベルリン中心部のカイザー・ヴィルヘルム記念教会では訪れた二日後にテロ事件が発生。命の重みを強く実感することとなったドイツロケを振り返った。

 肥沼さんは第二次世界大戦前夜の1937年にドイツに渡り、名門・フンボルト大学に留学。戦況が悪化する中、その功績を認められアジア人初の教授資格を得るかと思われたが、39年に開戦した第二次世界大戦の戦況が悪化し、その夢は叶うことはなかった。大使館から日本人に帰国を促す指示が出る中、肥沼さんはドイツに残り、北東部のポーランドとの国境に近い古都・ヴリーツェンへ。十分な薬もない中、伝染病の発疹チフスに苦しむ人々の治療にあたり続けた。

 佐々木はドイツ訪問前、ナチス台頭の時代に同性愛者迫害をテーマにした舞台『BENTO ベント』に主演していたこともあり、「肥沼さんの足跡はぜひたどってみたいし、とても興味があったので、すぐに引き受けました」とオファーを快諾。肥沼さんが歩んだ道のりを追ってヴリーツェンやブランデンブルク門、ベルリンの壁などを訪れた。

 そして当時、ドイツで一番有名だというクリスマスマーケットが開催されていたカイザー・ヴィルヘルム記念教会周辺でロケを行った二日後の晩、最後のカットを撮り終え現地でスタッフとともに食事をしていた佐々木の元に舞い込んだのは、同所で発生したテロ事件の一報だった。

 「クリスマスマーケットをあちこちでやっていて、本当にきれいなんですよ。マーケットを取材した日の夜、日本の大使館に行きまして、お話をさせていただいた。その時に『人混みは気をつけて』という話もして…その翌々日ですね。ブランデンブルク門で最後のカットを撮って、夜の食事に行った時にコーディネーターが『あっ、テロがあった』と…。『あそこだ。どういう事だ』と…」。ちょうど佐々木が歩いた場所の通りを挟んだ向かい側にトラックが突っ込んだ。

 「翌日、帰路のフライトはお昼出発だったので、朝、起きてもう一度そこに行きました。警察、中継車が来ていて、各国からの報道陣もいっぱいいました。あんなに楽しかった所でこんな残念な事が起きるなんて…。なんでこんな事で人の命が…と思いました。悔しいです」と無念さをにじませた。

 肥沼さんの存在を知り、墓を守り続ける現地の人とふれあい、その偉業を確かめつつも間近でテロの恐怖を実感した佐々木。「僕がここで何か言うことでもないですけど、番組を見ていただいたら、命の大切さ、命の尊さは感じていただけるのではないだろうかと思います」と力を込めていた。

参考:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000307-oric-ent

スポンサーリンク



2017/02/01 06:57
いま仕事でヨーロッパにいるけど、どの国もライフル持った軍人が街中を歩いている。
安全っちゃ安全だけど…


2017/02/01 09:30
近くにいたけど巻き込まれなかった、
そういう運を持ってるから芸能人にもなれるんだろうな

肥沼信次
2017/02/01 09:34
今年フランクフルトに行くのでちょっと不安

肥沼信次
2017/02/01 08:35
危機一髪で何よりです
聞くだけでも恐ろしい

肥沼信次
2017/02/01 09:26
一人ひとりは皆とても優しいのに
何も傷つけあうことなどないのに
さだまさしさんの詩の一節ですが、本当にそう思います。

肥沼信次
2017/02/01 11:20
海外に足を運ぶ方の幸運を祈ります。
気を付けて。

肥沼信次
2017/02/01 10:41
まさに「間一髪」だよなぁ……。
本当に、何が起きるか解ったもんじゃ無いな……。
番組は楽しみにはしたいけれど、正直複雑だね……。

肥沼信次
2017/02/01 08:46
今はどこの外国もテロで危ないです。

肥沼信次
2017/02/01 13:11
外国だけじゃない。日本だって起こり得ること。

肥沼信次
2017/02/01 09:53
外国はやっぱり怖いね

肥沼信次
2017/02/01 08:39
無事で良かった!
(;_;)
osm*****

肥沼信次
2017/02/01 14:06
二日後ってとこが
叉恐怖感増します。

肥沼信次
2017/02/01 19:54
佐々木蔵之介、間一髪だったね・・・。

肥沼信次
2017/02/01 10:11
お蔵入りにはならなかったのね!

肥沼信次
2017/02/01 07:12
蔵之介さんが巻き込まれなくてよかったです。
いつ、どこでテロが起こるかわからないから怖いですよね。

肥沼信次
2017/02/01 07:29
生かされた奇跡に感謝と、失われた命への哀悼と複雑な気持ちですね。どんな意味を見出されたのか、また、聞かせてくださいね。

肥沼信次
2017/02/01 06:32
佐々木さんが出演したのは、「BENT」です。
「BENTO」じゃ、弁当食った舞台になっちゃいます。
即訂正してください。

肥沼信次
2017/02/01 07:58
そもそも難民関係で情勢が危ういのがわかっているのにわざわざ今ヨーロッパ、それもドイツに行くのはどうかと思うが

肥沼信次
2017/02/01 12:41
テロに遭遇したとか、テロ後に現場で
ロケをしたとかなら記事になるけど、
ロケ後にそこでテロが起こっただけの話やろ?
将来のことなんか予測出来る訳ないのに、
そんなこと言い出したらキリおませんやん?
これ記事にすべきことなんかい?

肥沼信次
2017/02/01 07:39
危なかったな蔵さん!
ijmtks

肥沼信次
2017/02/01 10:18
怖ろしいです。
前のバングラディッシュの時も、パリの時も、
非道で戦慄

肥沼信次
2017/02/01 07:05
舞台『BENTOベント』って、半額になったスーパーの弁当を奪い合うやつか?

肥沼信次
2017/02/01 07:14
ドイツ取材かあ…ビール飲んだんだろうなあ

肥沼信次
2017/02/01 06:59
佐々木さん、乗ってますね。硬軟自在、堤さんと比肩しますね。

肥沼信次
2017/02/01 13:06
肥沼信次さんは調べてみると…ドイツに残り、医薬品が不足する中で医療活動に腐心されて、大戦の戦禍は生き延びたものの自らもチフスに羅患して、1946年にわずか37歳で亡くなられたそうですね。確かにドイツはヨーロッパで戦争を引き起こした側ですが、当時のドイツ国内は欧米連合軍の猛烈な空爆などで焼け野原だったはずなのと感染症や疫病などでも地獄絵図のようだったのでしょうね。

肥沼信次
2017/02/01 07:25
カッパ顔。

肥沼信次
2017/02/01 08:28
イケメンではないな。

肥沼信次
2017/02/01 14:42
ほんとこぇ~な・・
オチオチヨーロッパ行けないじゃないか・・
仕事とかで海外行ってる人大変やろうな・・
日本人もそういった人たちが沢山いることを忘れないで欲しい
そういった人たちを間接的に苦しめるようなことやってる人が多いのが残念だ

肥沼信次
2017/02/01 07:27
いい人だね。
中国人がへり、
欧米人が増えたもんね、観光客。
強烈な大統領ばかりあちこち誕生して、
ほんとどうなっちゃうんだろ?

肥沼信次
2017/02/01 07:11
「討ち入りは本所松坂町ローマに非ず^_^
tho*****

肥沼信次
2017/02/01 15:23
言っていることにイマイチ説得力がありません
コメント内容に何の重みも感じませんよ
偶然の産物であってなんの因果関係も無いでしょ
なにをどう命の尊さを実感したんでしょうか?
あまり軽はずみにこういったコメントは
口に出さないほうがいいと思いますが

肥沼信次
2017/02/01 15:21
今ヨーロッパは標的にされてるから一番危ない。

肥沼信次
2017/02/01 09:56
テロとかもう身近に迫ってるんだな

肥沼信次
2017/02/01 15:06
日本を含め、どこに行っても危険だらけの世の中で平和は来ないのか…?

肥沼信次
2017/02/01 07:19
佐々木酒造の酒を飲んでみたいな!

肥沼信次
2017/02/01 13:30
百貨店とか、売ってるところあると思いますよ。

肥沼信次
2017/02/01 17:35
飲んだことあるよ、普通に美味かった。

肥沼信次
2017/02/01 07:57
みなさん死にたい人は、ヨーロッパがオススメ。フランスで日本女性が殺されても、私は大丈夫とみなさんヨーロッパにいかれる。

肥沼信次
2017/02/01 07:04
テロ現場を見にいく野次馬野郎ww

肥沼信次
2017/02/01 07:05
テロはいつどこで起きるか分かりません。

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です!!