「真田丸」終幕 三谷が明かすラストシーン秘話

?

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)が、12月18日の放送で最終回を迎えた。

「真田丸」は、戦国武将・真田幸村(信繁)の生涯を、三谷幸喜脚本・堺雅人主演で描いてきた。

最終回ではスピンオフに登場した「ダメ田十勇士」の面々がついに本編に登場するなど、最後まで小ネタも回収しながら物語が進行。

だがもちろん、メインは幸村と徳川家康(内野聖陽)の最終決戦の行方だ。家康の首を狙い、その本陣に突き進む幸村。これは、初回冒頭と同じシーン。

堺は、最終回前のインタビューで「ここまで演じてきた分、向かうべき家康の姿もはっきりしていて、そこに至るジグザグのルートもしっかり見えている。すべてが具体的になった」と明かし、「情緒やしみじみした思いはどんどんなくなり、実務者の顔になっていった気がします」と語っていた。

やがて実務者・幸村により家康は追い詰められ、若き日の“伊賀越え”を思い起こさせるような逃亡を見せる。しかし、幸村が家康を射程に捉えたとき、すでに戦局は変わっていた。

馬上筒を構える幸村と、覚悟を決める家康。そこへ将軍・秀忠(星野源)が到着する。決定機を逃した幸村は、佐助(藤井隆)と共にその場を脱出するが、二人は命運が尽きたことを悟る。

ラストでは、大坂から江戸に戻る信之(大泉洋)と、道中で一緒になった本多正信(近藤正臣)にカメラが向く。二人が語り合っているところに、大坂城落城の知らせが届き、正信と別れた信之は、ふたたび歩みを始める。弟と対照的な生き方を選んだ信之が、生き延びて真田家をつないでいく姿を予感させるものだった。

実は、三谷はインタビューで、このラストシーンについての秘話を明かしていた。

以前から近藤のファンだったという三谷は、「近藤正臣さんが演じられることで、本多正信にすごく人間味、深みが出てきて、どこかで『真田丸』は正信で終わるんじゃないか、とふと思ったんです」と振り返る。「正信が信之に何か影響を与えて、信之が信濃松代藩の礎を築くことにつながる…そんな想像から段々、最終回のラストシーンが見えてきた」と言うのだ。

こうして、幸村の死を描くだけでなく、真田家の未来を予感させる最終回が生まれた。

三谷は、「近藤さんが正信を演じられたから見えたことで、そうでなければ僕はこういう結末にしなかったと思うんです。僕は元々近藤さんが大好きで、大河ドラマでも『国盗り物語』(’73年)の明智光秀と、『黄金の日日』(’78年)の石田三成は強烈に印象に残っているので、近藤さんに最後を締めてもらえたのはすごくうれしかったです」と喜びを語っていた。

そんな三谷は、「まだ(大河への)恩返しが足りていない」と今後の大河執筆に意欲を見せ、堺も「(次の作品を)すぐにでもやりたい。九度山のスピンオフでも」とこちらも準備万端の様子。

二人の、そして名演を見せた数々の俳優たちの次回作が待ちきれないところだが、まずは12月24日(土)昼1時5分からの最終回再放送、そして12月30日(金)昼0時15分からの総集編(いずれもNHK総合)で「真田丸」の余韻に浸ろう。

参考:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161218-00000055-the_tv-ent

スポンサーリンク


ダメ田十勇士
2016/12/18 22:10
悲しいけど悲しいだけじゃない、素晴らしい最終回になったと思います。三谷さんお疲れ様でした。

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:04
茶々や秀頼、大助や幸村の死んだシーンを描いていない。俺は鹿児島落ち延び説を取らせていただく。
秀忠が千を迎え入れた際、史実では烈火の如く怒り散らしたとか。真田丸では優しく迎え入れた。豊臣を許したんだよ。

ダメ田十勇士
2016/12/19 01:29
いい最終回でした。
1年間の集大成、積み上げてきたものがあり、見る人それぞれの思いもあるので賛否両論はあるだろうが、いい着地だったと思います。

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:22
楽しかった。
秀吉好きだけど今回ほど家康が負けてほしいと思った大坂の陣はないよ。

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:17
ラストシーンはそんな秘話があったんですね。まさか、佐久間象山が信之の班だったなんて…最後まで歴史の連続性を考えさせてもらう大河ドラマでした。

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:06
しかし、象山先生も暗殺されんだよな、確か京都で(;´д`)

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:58
うちの先祖はそんな象山先生のもとで働いてました

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:12
まーた真田か?ってあの世で家康が。

ダメ田十勇士
2016/12/19 01:36
そして、終戦直前の松代大本営、エヴァンゲリオンの松代第2新東京市へと続く。

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:07
近年の中でも特に良い大河ドラマでした
ラストにも絡んだ本多佐渡守に近藤正臣
序盤の熱演が光った真田昌幸に草刈正雄
この配役が特に好きでした

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:13
終わっちゃったなぁ
三十郎の涙、内記、作兵衛の最期
観ていて切なかった
けど最後まで見続けてよかったと思っている

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:14
三十郎のことを「小物」と言ったけれど目前の三十郎から目をそらさせて守ったのかなと考えると、胸が熱くなりました。

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:04
良いシーンでした!

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:53
畑で亡くなるのが作兵衛らしいなと思った。

ダメ田十勇士
2016/12/19 01:22
最後に三十郎の気持ちを確認して力でねじ伏せて、刀と槍を交えることによって永遠の別れを告げて去っていくシーンは一番感動した
兄の信之には永遠の別れを告げたから最後に兄にはこれ以上迷惑をかけないようにあえて信政の陣と戦って、信繁を慕い忠臣であった三十郎に会いにいった…
実際はどうかわからないけどとてもいいシーンだった

ダメ田十勇士
2016/12/19 02:05
最初から登場する側近の最期が
最後までていねいに描かれるのはいいね
なんか報われた感

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:45
戦っている源次郎を最後に見たきりの気持ちが切ない。

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:34
近藤さんの最後の演技。 然り気無く立ち去る時の表情が? 悟っていたことがわかり、信之への労りを感じた!正に名演技でした。 

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:37
悲しい…でも信之の前を向いて歩く姿を見て不思議と清々しい気持ちになった。

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:26
なんと最後の最後で「ナレ死」は一切無かった。ひょっとしたら皆んな生き延びたんじゃないか、という不思議な余韻が残る、いい終わりかただった。

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:17
前回までが素晴らしかっただけに、「最終回」は何か思うところが・・・。
なんでしょうね・・・。
全体的には良かったですよ!。
お疲れ様でした。
アトム君

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:27
毎週欠かさず見てました。本当に楽しい大河ドラマでした。最終回どうまとめるか、難しいと思ってましたが、旨くまとまってたように思います。キリの事もう少し詳しくやってもらいたかったかなぁ。先週詳しく話があったからかな。でも、スタッフの方々お疲れ様でした。

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:36
素晴らしいかったです!本当に!幸村の最後に家族の幸せな場面がでてくる。。きっと幸村の願いでもあっただろうし!泣きそうになりました。史実通り打ち取られなくて良かった!欲を言えば家康を鉄砲で打ち取って欲しかったです。まずはともあれ番組関係者のみなさんおつかれさまでした。

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:42
上にたつ人間の出来によって、部下の命運が左右されるという切なさに涙。

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:40
出演陣みんな素晴らしい希有なドラマ。
これから家康や秀吉、景勝や直江を演じる人は大変だろうなぁ…

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:11
最後の佐久間象山の紹介なんて三谷さんが昔に手掛けた新撰組のPRみたいなものだったから少しニヤついちゃいましたよ。

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:15
幸村があんな無人の荒野をあっさり家康陣まで進んでいくなんてありえない。
正信のシーンなんか入れる余裕があるなら幸村のシーンをちゃんと描いてほしかった。
奇跡の突撃に成功したという感じが全く伝わってこなかったのが残念。

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:41
残念ですが、ドラマの方が、「ありえない」と言うあなたを拒否したようです。

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:22
真田丸の航海は、続いていく。

ダメ田十勇士
2016/12/19 01:25
確かに近藤さんの演技は流石だった。
にしても最後まで大蔵卿のババアめ…。

ダメ田十勇士
2016/12/19 02:06
あのババア…憎たらしくて
最高の演技でしたよ

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:55
最後の終り方を見て、
最初はえっ?っていう感情が出てきたけど、
時間たって段々と、
「あっ、そうか、これは真田丸」
「真田一族の物語なんだ」
「だから、この終りかたでいいんだ」と思った。
最終回のタイトル付けるなら、
「物語」もしくは、「未来」かなぁって、
ありきたりな言葉が出てきたなぁ
ukki******

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:28
同感。見たい。

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:40
治部刑部の采配を見たい
「治部楽しかったぞ」だけではあまりにも悲しすぎる。

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:08
1話に詰め込み過ぎ。
ま、最終回に限った事ではないが。

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:00
近藤正臣さんはどんな役でもインパクト残すね。僕が知ってるのは龍馬伝からだけど、龍馬伝しかり、朝が来たしかり。ぜひ次回作も拝見したいです。

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:56
僕は「太平記」の北畠親房を推します。

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:05
こんなにも皆んなを引き込むなんて
真田丸ありがとう?

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:22
もちろん総集編もみます!

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:26
正信も含めて脇役ひとりひとりまでキャラが立ってたね!
みんなかっこよかったけど、そのしわ寄せは秀頼のとこに行っちゃったかな(;_;)
豊臣滅亡の話だから仕方ないか~

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:57
飯炊きのオヤジ、大蔵卿さえいなければ!!
でも、負けたけど清々しい気持ちになりました。

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:02
個人的には、仙台真田家で結んで欲しかったですし、家康と対峙したシーンもリアリティが無かったですが、それを含めて素晴らしい最終回でした!

ダメ田十勇士
2016/12/19 04:30
仙台真田家はその疑惑が識者によって完全に暴かれていますよ。
所有している家宝の甲冑も全国同時に複数箇所で有料展示していたのがバレたりしています。
スケートの織田信成くんと同じで根拠がない出自ですから。

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:07
酷い最終回でした
淀の決意が無言で自害想起させる場面で終わりとか投げっぱなしすぎ

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:44
真田家の人間が見ていない出来事は
関ケ原の戦いにしろカットされるのが「真田丸風」。
淀殿や秀頼の最期は、真田家の人間は見ていないのだから
当然、描かれない。今回の大河の流れからしたら、
むしろそれくらい予想できたと思うが。

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:38
佐久間象山は市村正親さんで思い浮かぶ

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:52
ドラマの仁ですね
10円玉持ってたやつ。

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:57
「新選組!」では、石坂浩二さんでしたよ。
niv*****

ダメ田十勇士
2016/12/19 01:07
信繁最後のシーン、首を差し出すふりをして、以前父に教えられたケンカ殺法で相手を倒すところはグッと来たわ。

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:53
あまり面白みのないエンディングで、やや不完全燃焼

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:06
長曾我部盛親が藤堂高虎隊を蹴散らすシーンが少しでいいから欲しかった。

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:47
同じく不完全燃焼。
死んだとも生きたともいう描写はなくどちらかを匂わせるような描写もない。どちらも匂わせていると言うべきか。
視聴者に投げたとしても丸投げに近い。
最後の兄の六文銭が鳴るシーン、これは三途の川と弟をイメージすればよいのか。
いずれにせよ大変面白いドラマだった。一年間ありがとう。
それゆえラストがやや不満。

ダメ田十勇士
2016/12/19 01:00
こんなにいい心に刺さるドラマだったのに、
数字では家政婦のミタにも及ばないのか。
「記録に残る」より「記憶に残る」大河でした。

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:14
久しぶりに清々しいドラマを
見せていただきました。
…とはいえ僭越ながら
初めの方を見ていないので(T_T)
総集編では物足りません?。
すみませんが、再放送お願いしたいです?。
スピンオフも大歓迎♪

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:09
草刈正雄、小日向文世、内野聖陽の演技力でなんとか踏み留まった印象の作品だった、踏み留まったのかも怪しいが

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:40
幸村には、切腹でなく、最期まで可能性を模索する人であって欲しかった。
幸村の家康の陣突入は、史実だったとしたら、よく、脱出できたなあと思う。
超厳重だったろうに…
結局のとこ、飯炊きのおっさんにとどめを刺さなかったり、そのおっさんから情報が漏れていたことを秀頼に報告しなかった幸村は、かなりの失態だ。

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:02
雑な終わり方。やっつけ仕事丸出し。
真田幸村公ともあろうお方が、後世でこんな描かれ方をして、草葉の陰で号泣されておられるのではなかろうか?さぞや無念でござろう。痛み入り申す。合掌。

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:02
正直、もう少し女性陣が大人しい大河が見なかった。
それを超えて楽しめたのは三谷氏自身が歴史好きで、どの登場人物へも愛が溢れてたから。
一年間、ありがとうございました。
お疲れです。
(´;ω;`)

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:08
最期も最後まで、本当にアタマの悪い大河だったvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
内容も、ホント、雑な描き方で、低知能には丁度いいのかもしれんvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
幸村の最期のとき、手が土や血で汚れてなけりゃいけねえのに、あまりにキレイすぎて、ホント、ヴァーーカーvvvvvvvvvvvvvvvvvv
最期に松代の佐久間象山とか出してる時点でヴァーカーvvvvvvvvvvvvvvv
松代出身で出すなら、大戦末期の硫黄島の栗林中将にしろvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
なんか、アタマ悪すぎ、もう二度と、三谷に大河の脚本はやらせるんじゃねえぞvvvvvvvvvvvvvvvvv

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:22
低知能なのはこのような稚拙なコメントを書いているおまえだろう?

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:24
おでんでもツンツンしてろ。

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:42
批判の為に全部観たんですか?
お疲れ様です!
来年も頑張って続けてください

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:48
ちゃんと観て、沢山コメント書いたね♪
偉いね…ボクちゃんw
よしよし(^.^)

ダメ田十勇士
2016/12/18 22:59
散々吠えて、結局何も変える事が出来なかったv太郎vvv
来年は来年でまた吠えまくるんだろvvv
そこまでアカウントあれば良いがvvv
匿名で偉ぶるなvvv
vロボくんvvv

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:03
全部観たんだvvvvvvvvvvvtvv

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:14
皆さん、こいつのコメントにレスするのやめましょう。

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:52
頭悪いとかほざいてる割には、観てたんだろ?
気に入らないなら観なきゃいいだろ?
お前に脚本出来る能力があるようには思えんが…

ダメ田十勇士
2016/12/19 01:08
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

ダメ田十勇士
2016/12/19 01:11
しっかり観たんだねw

ダメ田十勇士
2016/12/19 01:58
最後の最後まで、本当に
まで読んだ(=´∀`)人(´∀`=)

ダメ田十勇士
2016/12/19 04:00
さいならw
yna*****

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:52
あの細い串で死ぬかなと思ったらやっぱり。

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:08
今年の大河、真田丸の見所て、三谷さん得意の密室劇なのよね。犬伏とか調略とか。
だから、関ヶ原もあっさり終わらせたのよ。
自分の得意分野に勝負をかけて大成功する。脚本家冥利につきるわね。
三谷さんに脚本書いて欲しい人となると、そうだな、古田織部は漫画のイメージが強すぎるしな、千利休とかかな。
あと、河井継之助とか。藩内の意見をまとめるところとか、新政府軍との談判とかおもしろそう。

ダメ田十勇士
2016/12/19 02:01
作兵衛が奮闘の末に
畑の真ん中で大の字に逝くシーン
梅と住んだ故郷に帰ったみたいで
良い最期でした

ダメ田十勇士
2016/12/19 01:35
最終回をみて、第1話から見直してみるとまた違う方角から見れるんだろうな
1年間楽しかったです!
真田丸に関わった皆様に感謝を。

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:38
MVPを選ぶとしたら誰になるんだろ?

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:44
不死身の作兵衛

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:48
作兵衛、城に戻れたんだ!ってビックリした。

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:03
目を疑いました。

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:27
作兵衞に相応しい最期の場所と最期の言葉、
「…すえ…うめ…。」

ダメ田十勇士
2016/12/19 01:14
皮肉だよなぁ…
最後の最後まで徳川に刃向かった真田一族が藩主の松代藩から明治維新の立役者達に砲術を教えた佐久間象山を輩出するのだから…
ほんとに面白くて感動できるいい大河ドラマだった

ダメ田十勇士
2016/12/18 23:51
先週一度だけ観たが、単なる凡作だったので今日は観なかった。
来年はたぶん、一度も観ないかな。

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:10
可哀想に。

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:29
わざわざしなくてもいいコメントですね。

ダメ田十勇士
2016/12/19 00:30
真田丸観るような奴らが受信料払えばいいんだよ。NHK見ない人から金取るな。
コマーシャルしていいから早く民営化しろよ。真治

ダメ田十勇士
2016/12/19 01:37
大阪はすぐにでも大坂に戻すべきだ。
絶対いい。
lio*****

ダメ田十勇士
2016/12/19 02:51
かつての家臣矢沢との格闘のシーンは泣けたなんだかなあ

ダメ田十勇士
2016/12/19 01:43
きりがあの後、どうなったかを軸に、幸村戦死直後の大阪の陣を描くスピンオフをやってほしい。
毛利勝永や真田大助と共に秀頼と茶々が最期を迎える。長宗我部や明石のその後。
幸村の娘と片倉の結婚など。
佐助が生きていて、きりにまた告白してもいい。

ダメ田十勇士
2016/12/19 02:51
幸村、信之、きり、それぞれのラストシーンは印象的でしたね。
でも、確かに悲壮な最期ではなかった。信之の視線と足取りは、未来を予感させるものでした。

ダメ田十勇士
2016/12/19 03:41
秀頼と淀の自決まで描かず、大阪の陣終結を、当事者としては退場していたおねと片桐に語らせるというのは非常に効果的だった。歴史的事実の一つとして、運命として受け入れつつも、あのお茶1杯にはいろいろな感情と無常感が流れている。

ダメ田十勇士
2016/12/19 01:50
本多正信と信之のシーンも良かったし、家康と幸村の対峙シーンも真田ものでは常套手段。
首をとったが影武者ていうのが多いけど。
最終回を見て実感したのは、若い役者に花を持たせたくない大河という印象もありましたよ。
最後は若い侍に首を持ってけて差し出したはずだったし、真田の血を~という流れにしたいなら片倉重綱を一瞬でもいいから出すとか。
秀頼の最後をボヤッとするとか。
真田家の物語だから真田をフォーカスするために他をボケさせるのもいいけど、欲を言えばもっと他のエピソードもフォーカスしてほしかった。

ダメ田十勇士
2016/12/19 03:29
久しぶりに大河ドラマを全話見た。自分は真田幸村は生き延びた説を推奨しているのですが素敵なラストでした。

ダメ田十勇士
2016/12/19 02:43
真田大八主流の仙台真田家についても言及して欲しかったです。

ダメ田十勇士
2016/12/19 01:49
総集編では関ヶ原は存在自体カットされるようです。

ダメ田十勇士
2016/12/19 04:54
豊富敗因のひとつには「大蔵卿」の存在がある、とみた…?
j2m*****

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です!!