『トイレの神様』植村花菜ニューヨークで音楽活動中

 
『トイレの神様』植村花菜ニューヨークで音楽活動中
スポンサーリンク

Copyright (C) 2017 Kobunsha Co. Ltd. All Rights Reserved

 2010年、亡き祖母との思い出を歌った『トイレの神様』が大ヒット。その年の『NHK紅白歌合戦』にも出場した植村花菜さんは今、ニューヨークにいた! 

 2016年12月末、ジャズドラマーの夫・清水勇博さんと長男(2歳)とともに転居。日米を往復しながら、音楽活動を続けている。渡米のきっかけは2011年、番組収録でテネシー州のナッシュビルへ行ったこと。 

「日米の文化や考え方の違いに魅了されました。そこで、自分の音楽についても、さらに伸ばせるアプローチがあるんじゃないかと感じたんです」 

 2012年は約2カ月間、一人旅にチャレンジ。ロサンゼルス、ナッシュビル、サンフランシスコ、ニューオリンズを経て、最後はニューヨークに行き着いた。

 各地でストリートライブをおこない、ライブハウスに飛び入りしたことも。そして「いちばん可能性を感じた」のがニューヨークだった。 

「私たちが住むブルックリン地区は、住宅地と商業地がうまく共存し、刺激的でおもしろい街。ニューヨークを感じ、音楽を追求するなら最適と思って決めました。東京なら、吉祥寺の雰囲気に近いかもしれません」

 2017年の音楽活動は、2月14日のバレンタインライブを皮切りに、ワシントンD.C.での桜祭り、ニューヨークの「大戸屋グリニッチビレッジ店」での七夕ライブ、市内のライブハウス・カーネギーホールでおこなわれた「9・11」と「3・11」の被災者を追悼するコンサートに出演している。

「11月下旬に帰国して、年明けまで単独コンサートやライブをおこなう予定です。アメリカ暮らしの成果をぜひお聴きください!」 

 12月25日には恒例のクリスマスコンサートが、誕生日でもある1月4日には、バースデーライブを開催予定。音楽に向ける情熱は変わらないようだ。

スポンサーリンク

うえむらかな 
1983年1月4日生まれ 兵庫県出身 2005年にメジャーデビューし、2010年に発売した『トイレの神様』が大ヒット。12月25日のクリスマスコンサートは横浜の「モーション・ブルー・ヨコハマ」で開催予定。1月4日のバースデーライブは大阪の梅田バナナホールで開催予定

写真・Shintaro Ueyama
(週刊FLASH 2017年11月7日号)

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171130-00010002-flash-ent


mno
アメリカは、一応キリスト教国家だと思うんだけど「トイレの神様」は、意味が通じるだろうか。
あの歌は、神様ってもののイメージがぼんやりしてる日本人だから、ウケたんだと思う。
これを歌うとは限らないけどね。

名無しさん
『トイレの神様』ってタイトルからしてインパクト強すぎてすでに1発屋の感じしてたからなぁ

中井りん様こそ至高!(´Д`)ふあああ
この人もこの人の歌も嫌い。

名無しさん
補作詞してもらっときながら自分(ひとり)が作詞したとか抜かす図太さや
紅白に10分フルじゃないと出ないとか抜かす勘違い天狗具合が酷かったな
案の定一発屋

名無しさん
なぜか一時期めちゃくちゃ推されてませんでしたか?

ひとくいばこ
かつて、アノ方と噂になっていたねぇΨ( ̄∇ ̄)Ψ

きむちたく
ニューヨークのトイレめちゃくちゃ汚いぞ。

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です!!