週末は3時間待ちも! ボウリングブーム再燃の背景

 
週末は3時間待ちも! ボウリングブーム再燃の背景
スポンサーリンク

ジャパンオープンには多くのファンがつめかけた

 今から50年前、高度経済成長に沸く昭和40年代に、老若男女が熱狂したのがボウリングだ。休日ともなれば2時間待ち、3時間待ちは当たり前。平日の深夜もボウリング場には長蛇の列ができた。

 1970年に女子プロ初のパーフェクトゲーム(300点)を達成し、シャンプーのCMで“さわやか律子さん”が流行語になった中山律子氏は当時をこう振り返る。

「たまたまパーフェクトが出たという感じで、私自身は実感がありませんでした。とにかくボウリングが大人気で、試合ともなれば動けないくらいの人だかり。毎日忙しかったことだけが思い出です(笑い)」

 とはいえ、そんな空前のボウリングブームも今は昔。ピーク時には全国3697か所あったボウリング場も、昨年は784か所にまで減少。昨今は世間の耳目を集めることもなくなり風前の灯火なのかと思いきや、ここにきてブーム再燃の兆しが見え始めた。全国に108店舗のボウリング場を展開するラウンドワンでは、週末は1時間半から3時間待ちが当たり前という。

「じわじわとお客さんが戻ってきているところです。利用者数は5年前に比べて倍増しています」(ラウンドワン管理部)

 時折しも全国のプロ・アマ選手が日本一を争う第40回ジャパンオープンボウリング選手権が11月2日から開催された。大会会場であるワンフロア116レーンの世界最大のボウリング場・稲沢グランドボウル(愛知県)に赴けば、早朝から夜遅くまで贔屓の選手を応援するギャラリーの熱気に圧倒される。

「ボウリングに親しんだ団塊の世代を中心としたシニア層が戻ってきています」と語るのは、大会を運営する日本ボウリング場協会・岡田大明氏だ。

「一度やったことがあるから始めやすいし、自分のペースで体を動かすことができる。お金もあまりかからず、子供や孫と3世代で楽しめるのも魅力です。シニアのボウリング人口は増えており、全国各地で開催されているシニア向けのボウリング教室も人気です」

 日本生産性本部の「レジャー白書」によれば、2016年に年1回以上ボウリングをした人は1010万人で、ゴルフのほぼ2倍。別の調査でも、ボウリングを年1回以上プレーした60歳以上のシニア層に限れば、この10年で40万人以上増えている。また、日本ボウリング場協会の調べでは、定期的に月1回以上プレーしている男性80歳以上、女性75歳以上の“ご長寿ボウラー”は、1996年の54人から今年は6940人と100倍以上になった。

 毎週4日、1日3回、初心者向けに「ボウリング教室」を開く千葉県船橋市のストライカーズ西船ボウルは、多くのシニアで賑わう。

「募集すると、すぐに20~40人くらいの申し込みがあります。初心者向けの教室を卒業すると、皆さん“マイボール”を買って、上のレベルの『リーグ戦』に参加します。最高齢は88歳の男性です」(藤井浩一支配人)

 シニア層急増の背景にあるのは、ボウリングの高い運動効果が健康維持に役立つことだ。スポーツ医学が専門の筑波大学・田中喜代次教授が解説する。

「ボウリングは有酸素運動なので、心肺機能を強化し、筋力アップや関節の可動域を維持する効果があります。また、ボウリング仲間と連絡を取り合ったり、スコアを計算したりすると脳に刺激を与えるので、認知症予防にもつながります」

 ボウリングに目を向けるのはシニアだけではない。レーンの近くにバーやレストランを併設したり、豪華でオシャレな照明や最新の音楽を取り入れて若い世代を呼び込もうと工夫を凝らすボウリング場も登場、学生や仕事帰りのサラリーマンで賑わっている。

「食事をしてからボウリングをしたり、併設のカフェで仕事の打ち合わせをするサラリーマンなど、使い方はいろいろ。若い方は肩ひじ張らず、気軽にボウリングを楽しんでいます」(シブヤボウリング)

 シニア層が集い、若者も楽しめる大人の社交場。かつて一世を風靡した昭和の国民的スポーツが甦る日も近い。

◆撮影/平郡政宏 取材・文/戸田梨恵

※週刊ポスト2017年11月24日号

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171119-00000002-pseven-life

【関連記事】

ボウリング【投げ方】フォーム研究所

スポンサーリンク

名無しさん
我が家の義両親も同じ
定年退職してから、やること無く毎日パチンコ店に入り浸り
食事中の会話もパチンコの話ばかりでウンザリ。
ボーリングを進めてみたところ、初めは嫌々でしたが
今では、ボーリングの日を楽しみにしています。
もちろん、ボーリング以外の日は夫婦でボーリング場に練習に行ってます

名無しさん
マイボールどこにしまったかな?

名無しさん
10年くらい前の大学生の頃まではたまに行ってたけど、それ以降はほぼ行ってないな〜
投げ方やフォームも覚えてない笑
あんまりボーリング場も見なくなった。
けど、友達とかと行ったら、それはそれで楽しめるだろうし行きたくなってきました。

名無しさん
ここでも勘違いしている人が沢山いますが“ボウリング”です。ボーリングは穴掘りです。
私は競技ボウラーとして活動していますが、あくまで増えたのはレジャーボウラーでありマイボールを購入して本格的に始めるという人はその中のほんの一部しかいません。
本格的に始めようとするとボールは安くて1万円、ハイパフォーマンスボールになると3万円前後。
シューズも良いものになるとこれまた3万円前後と財布事情に厳しいのが事実。
しかも最近のボールは性能が良い分劣化も早く競技ボウラーの中には1ヶ月毎に数個買う人もいます。
また最近ボウリング場に行ってレジャーボウラーを見ているとルールを守らない人が多すぎます。
右側優先、隣同士で同時に投げない、ファールラインを超えない等のルールを守らず自分勝手に投げるので、競技ボウラーが練習をする時は両隣にそんな人を入れないようにお願いするのが当たり前になってきてます。

酷使無双
たまにBSとかでPリーグ観るけど
ボウリングってソコソコやった事ある人なら
試合の流れとか展開がわかるし
見た目そのままでスゴいってわかる
そうやって観ているうちに
無性に行きたくなる時がある
まだ1人ボウリングできるほどの
ハートと腕がないから
結局行かない事のほうが多いけどね

名無しさん
退職後定期的に外出する場所を求めているシニアには格好の場所ですね。運動にはなるし、あとは料金が良ければ一定の需要は継続すると思う。

…..
さわやか律子さん。ヒザの包帯が子供に人気だったな。
昼カラ、テニス、そしてボーリング、、、熟年以上のヤリ目もあるらしい。ある意味健全と思う。

名無しさん
ボウリング場行くと高齢の方が200スコアとか普通にバンバン出してるもんね!

名無しさん
けど施設そのものはそんなに増加しなさそう。

土方としぞー
数年前は日テレ系でPleague中継もあったけど、復活するのかな
やっぱり松永は強いよ

名無しさん
日曜夜BSでやってますよ

全玉さま
ボウリングをしたくなった。

名無しさん
良いことです。

名無しさん
時々行くけど、混んでる時に
投球順はお構い無し、騒がし過ぎるグループと隣の席になった時は楽しさも半減する

har
シニア層は時間があって、羨ましい…。

匿名
でももう店舗は増やさないだろうな、団塊世代が動けなくなれば次の世代は恐らくボーリングなんてやらないだろうし、定年迎えても殆ど年金貰えなく貧困老人ばかりになりそうだしな

名無しさん
スポーツボウリングしてるのは昔のブームを知ってる年代。
若者はレジャー感覚。
隔たりが大きい。

名無しさん
VS嵐でもやってるし、ラウンドワンのCMもよく見るし、五輪競技にすれば良かったのに
野球とかはWBCあるから五輪でやんなくてもいいんじゃない

名無しさん
ボーリングは穴掘りね。

名無しさん
正しくはボウリング
ボーリングは円筒状の穴を穿つ(bore)こと。またドリルで開けられた穴を大きくする過程のこと。(wiki参照)
ま、どっちでもいいですが。

SMBC
活況なのはラウンドワンだけでは?
ボーリング場なんて閉鎖の方が圧倒的。

ニヤリ_@####2583?
ブームになる前に
練習しておきたい。
潰れそうなボウリング場は
人集必死だから
凄く親切でありがたい。

名無しさん
お年寄りが暇だからと言って、パチンコ屋に入り浸りでなく、スポーツで汗をかくのが良いことだ。

名無しさん
ブームを煽るなよ。

闇のご意見番
マイボウラーなんてカメラ片手に女子プロの写真撮ったり、いい歳こいたオッサンが馬鹿騒ぎしたりコミュ障の集まりばかりやけどな

【関連記事】

ボウリング【投げ方】フォーム研究所

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です!!