犬型ロボット「aibo」復活 来年1月発売、19万8000円

犬型ロボット「aibo」復活 来年1月発売、19万8000円
スポンサーリンク

 ソニーは11月1日、AI(人工知能)技術を活用した犬型ロボット「aibo」(アイボ)を発表した。価格は19万8000円(税別、以下同)で、同日から予約を受け付け、2018年1月11日に発売する。2006年に生産終了した「AIBO」以来、約10年ぶりに復活する。

 加速度センサー、人感センサーなどを搭載し、周囲の状況に応じたふるまいが可能。画像認識や音声の認識・解析には、ソニーが培ったディープラーニング技術を活用した。魚眼カメラを用いた地図作成(SLAM)技術も搭載。周囲の環境を徐々に把握しながら慣れ親しんでいくことで、aiboが歩く範囲を広げていく。

 オーナーの優しい言葉や笑顔、頭や背中をなでられたことなどを感じ取り、オーナーが喜んでくれることを、本体のAIが学習するという。事前にオーナーの同意を得た上で、aiboとのやりとりのデータを、ソニーのクラウド上に収集・蓄積。aiboをさらに賢く進化させるのに活用する。

 くるくると瞳が動いたり、鳴いたり、耳や尻尾、体全体でボディーランゲージをしたりと、愛くるしい“ふるまい”を表現。超小型1軸・2軸アクチュエーターを自社開発し、コンパクトなボディーに計22軸を搭載することで、滑らかで柔らかい駆動を可能にした。感情を繊細に表現するという瞳には、2つのOLEDを採用した。

 「そっと触れたくなる」という丸みを帯びたボディーに仕上げ、生命感あふれる佇まいと質感を表現した。外寸サイズは約180(幅)×約293(高さ)×約305(奥行き)ミリ、重さは約2.2キロ。連続稼働時間は約2時間(充電時間は約3時間)。カラーはアイボリーホワイト。

 利用するには「aiboベーシックプラン」への加入が必要。家庭のWi-Fi接続やモバイル回線接続で、クラウドで解析した情報を基にaiboが成長する。aibo本体のデータは、クラウドにバックアップでき、故障・事故などで修理ができなくなっても、新しいaiboに復元できるようにする。プラン料金は、9万円の一括払いか、36回払い(1カ月当たり2980円)から選べる。

●骨型のアクセサリー「アイボーン」も

 aibo本体と連動するアプリ「My aibo」(iOS/Android、Webブラウザ版)も2018年1月11日から提供する。本体設定やオーナー情報の確認機能のほか、aiboが撮影した写真を閲覧できる「aiboフォト」、アプリ上でaiboと触れ合える「あそぶ」、aiboのふるまいのバリエーションを追加できる「aiboストア」などが使える。

 骨型のアクセサリー「アイボーン」も1月11日に発売を予定している。2980円。

スポンサーリンク
?
参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171101-00000058-zdn_n-sci


アイボ
AIBOを調べると面白い。型式だけで11タイプ、7年間でこのラインナップ。もちろん色違いとかもあるけど、最終型はblogまで書く。
何よりもか凄いのが三代目では既に音声認識を備え、電池が切れると自分で勝手に充電器に向かう。カメラを搭載するも、盗撮防止のため女性のスカートの下では上を向けないなどの機能も搭載。
今でこそ当たり前に出来る機能が2000年代前半におもちゃの中に入ってた。ソニーってやっぱりすごいなって思う。
会社の存続さえ危ぶまれた時期があったから事業縮小は仕方ないけど、またこういう商品を気軽に出せる社風になってくれたらソニーがもっと面白くなると思う。

アイボ
初期型の方がカッコ良かった。

デハポン
かわいいね。先代のロボット犬的なのも良さがあったけど、今回はより犬に近くかわいいね。

ac
見た目のロボット感がぐっと減りましたね。目がかわいい。

アイボ
一旦アイボの生産中止したからこちらも中止にならないか心配。
自分の愛するロボットペットが部品なくて別れは悲しいからソニーは今回こそサービス継続してほしい

mas
う?ん、デザインが好みではないな。犬に似せた犬型ロボットは、僕の感覚では造花のようなもの。前のデザインの方がロボットとして、かっこいい。またマクロスのデザイナーに頼んで欲しい。
ただ売り上げ的に、お金のある高年の方には好まれると思うので、理解はできる。

アイボ
これは欲しいかも

す~
ネコ型ロボットも頼みます!

アイボ
なんかこれじゃない感が……。
犬にあまり寄せない方が良かった。

アイボ
今度は部品供給終了による悲しい別れがなくなればいいな。

クルム伊達政宗
猫型ロボット希望。
もちろん色は青。

Linuxぴよ
えっ?!また懲りずに?
需要ないと思うけど、、。

アイボ
う~ん。犬っぽいけど…ロボット感が…。逆に犬っぽい分だけ犬種をいろいろ出したら良いのかも?

アイボ
わざわざ犬に似せる必要はないのに。
古いユーザーだと、
部品の互換性や、
旧型からデータの移動など出来れば嬉しいのでは?
黒柳さんにも教えて上げて。

アイボ
うーん。
悪くいうつもりはないんだが。
やっぱりまだ、この程度か?

kadoutotenbin
散歩させる?

アイボ
いらね!月々なんちゃら金儲けな犬になる!

アイボ
かわいい!欲しい!

アイボ
メカ感、ロボ感が強かった先代に比べると、犬っぽくなったねぇ

あらっ!フォーおじさん
実際の犬同様、寿命は15年程度ですかね。

アイボ
なにこれ!可愛すぎる!!

アイボ
欲しい!にちょっと笑った

アイボ
センサー類に「肉球×4」があって笑ってしまった。

アイボ
修理代込みで20万だけなら価値はあるかもだけど合計で約40万ってそんな価値はないでしょ(笑)

tarok
今さら感すごい上に、何この生々しいAIBOは・・・

アイボ
10年の時を経てどれだけ進歩してるのか(してないのか)分かるのは見ものかも

アイボ
これじゃ無い感がすごいです

アイボ
1980円ならアリかなぁ。

アイボ
いっそ「猫型ロボット・ドラぇボ」ぐらいナナメ上に逝って欲しかった……。

アイボ
デザインは前のメカメカしい方が好きかな?

ombus
悪くないけど・・・ね。という感じ。

西の端
リアル過ぎ…
見た目がロボットだからこそのAIBOだと思う。

アイボ
あー、このデザインはダメだ。
顔のところがパカッと外れて中身がむき出しにできるなら許す。

アイボ
犬に似すぎて違和感が・・・
せっかくのソニーなんだから、PostPetのモモとか、ピングーとかにすれば良いのに。

下町で酒を飲む
なんだろう……
AIBOに期待してるのと何か違う

アイボ
説明がおかしいだろ。
あくどい商売しやがる。
本体213840+修理58320円+通信115862円って計388022円で約40万wでしょうが。
しかも3年後には1年38620円が毎年かかると見た。
携帯のあくどい商売をパクリしたとしか思えない。
飼えば携帯と同じように解約すれば解約料を取られるし生き物を飼うよりひどい目に合うと見た。

アイボ
いまでも旧型のユーザーがいるそうですね。パーツを引き継げたり出来るといいですね。

アイボ
見せて貰おうか、進化したaiboの性能とやらを!

アイボ
機械っぽさ皆無だなぁw

ポセイどーん
こいつも使い捨てかな。
どうせ10年後にはメンテナンスが打ち切られるのだろう。

ホクマン
この金額なら本物のほうが安いやろww

アイボ
呼んだら来るバイクが出来るのだから
もう乗って移動できるロバ的なaiboじゃ無いと
新鮮な驚きが無いのよ?

t23
おお~復活するんだ!まあ、ちょっとお高いがwww

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です!!