6月の結婚式は縁起がいい?
ジューンブライドの由来とは?
どんな女性も、素敵な結婚式に憧れを持っていると思います。
まず、結婚式を挙げるにあたって、大事なのがどのシーズンに挙げるのかです。

よく耳にする「ジューンブライド(June Bride)」。6月になると結婚式にお呼ばれされることも増えたりと、結婚するなら縁起のいい6月がいいと言われています。なぜ6月は縁起がいいのか、6月の結婚式の良さをいろいろな角度からご紹介します。

せっかく挙げるのであれば、後悔なく下調べを重ね素敵な結婚式を作り上げましょう!

~ジューンブライドの由来~

スポンサーリンク

6月の結婚式「ジューンブライド」は、縁起がいいと言われている説は、3つあります。
⦁ ローマ神話の女神から来た説
戦後に日本にジューンブライドというものが広まり、それまでは結婚式は屋外で開かれることがほとんどで雨の日が増える6月は結婚式に選ばれることは少なかったようです。むしろ、大事な日なるであろうという日が、大雨ということは避けたい人は多く1年の中でも閑散期のような状態だったようです。そこで、ブライダル会社が「閑散期である6月を盛り上げたい!」という強い気持ちで日本言い伝えたのが、ローマ神話の女神から来た由来です。
ローマ神話とは、古代のローマで語り伝えられた神話。ローマ神話にはさまざまな神が登場し、やがてその神の名前が英語での月名の語源になりました。
そんなローマ神話主神であるユピテルの妻 「ローマ最大の女神」と呼ばれているユノ。
結婚生活や出産・育児を守る女神で凛とした美しさを持っており、素敵な結婚の象徴のような女神でした。そのユノが守っている月が6月。
そしてユノがアルファベットでJunoと表されることも、6月の英語June の語源となっているのです。結婚・出産の女神が守護している6月の結婚式は、日本でも「前向きな気持ちで挙げられる!」「6月の結婚は縁起がいい!」と言い伝えられているのです。
⦁ 結婚が解禁されて月だった説
ヨーロッパでは、農作業繁忙期である3.4.5月の3ヶ月間は結婚禁止と厳しい決まりがありました。繁忙期を終え、結婚解禁となる6月は結婚が増え周りの祝福も多いことから「6月の花嫁は、幸せ者だ!」と言われていたようです。
⦁  ヨーロッパの気候が結婚式に適していた説
日本と異なりヨーロッパの6月シーズンは天候が良く、祝福して素敵な演出としても6に結婚式挙げることが多かったようです。

スポンサーリンク

~ジューンブライドを成功させよう~


んな結婚式にぴったりな6月。メリットもありますが、デメリットもありますでジューンブライドを成功させるポイントをご紹介します!
×梅雨の時期で演出が上手くいくか心配。
全天候型ガーデン・テラスがある式場があります。雨の日でも、開放的な雰囲気で行うことが出来ます。梅雨の時期は、「アジサイ」が綺麗な時期です。一昔前は、アジサイの花言葉にマイナスイメージがあったこともありましたが、最近ではブーケなどで使用していることが多いのです。アジサイは色によって花言葉が異なり、ピンクは「元気な女性」、青は「辛抱強い愛」、小さな花が集まり咲いている様子から「家族団らん」という意味もあります。
挙げる季節に合う花を会場に散りばめると、季節感が出て素敵ですよね。

~おわりに~


どんなシーズンでも、気持ち次第でいい結婚式は必ず作れます。
しかし、せっかくなら昔から言い伝えられているジューンブライドにあやかり一生記憶に残る素敵な結婚式を挙げてみてください!お幸せに。

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です!!