あの穐田氏が会長に、オウチーノの勝算は? 

 

あの穐田氏が会長に、オウチーノの勝算は? 
スポンサーリンク

 高校野球でたとえるなら、甲子園の常連校がひしめく県の無名校に、数々の実績を残してきた名監督がコーチ陣を引き連れて就任するという状況だろうか。

 不動産情報サイトを展開するオウチーノは3月29日、定時株主総会を開催した。創業者である井端純一社長は退任。昨年12月にTOB(株式公開買い付け)によって議決権ベースで57%を保有する筆頭株主となったクックパッド前社長の穐田誉輝(あきた・よしてる)氏をはじめ、3名の元クックパッド執行役、現任の取締役1名が取締役に選任された。

 その後の臨時取締役会で、穐田氏は取締役会長に就任することが決定。社長は元クックパッド執行役の堀口育代氏が務めることになった。穐田氏はクックパッド創業者の佐野陽光氏と経営方針を巡って対立、1年ほどお家騒動が続いていたが、3月23日に取締役を退任している。

■カカクコムで社長を務めた穐田氏

 会長に就任した穐田氏は、投資家、経営者として実績を残してきた人物だ。青山学院大学経済学部を卒業後、ベンチャーキャピタル大手の日本合同ファイナンス(現・ジャフコ)に入社。ベンチャー企業への投資や市場調査などを担当した。

 その後はベンチャーキャピタルを設立し、家電などの価格比較サイトを展開するカカクコムに出資。2001年には自ら同社社長に就任し、2003年10月にはマザーズ上場に導いた。

 その後、クックパッドの社外取締役を経て、2012年5月に社長に就任。最終的には創業者の佐野陽光氏と対立し退任したものの、「食のプラットフォームを目指す」と宣言して事業の多角化を進め、業績の急拡大を牽引してきた。

 穐田氏を知るあるベンチャーキャピタリストは、「掲げた目標を達成するために最大限の努力をしなくてはいけないという厳しさを持ち、社員のモチベーションをあげることも非常にうまい経営者」と評する。

オウチーノは厳しい経営状況

 しかし、オウチーノを取り巻く環境はかなり厳しい状況だ。

 収益柱である不動産情報サイトの掲載物件数は約240万件程度。ネクスト(4月からライフルに社名変更)が運営する「HOME’S」は賃貸・不動産売買の掲載物件が約815万件、リクルート住まいカンパニーが展開する「SUUMO」も同600万件と圧倒的な2強に及ばないどころか、「アットホーム」などの競合各社と比べても知名度で劣るのが実情だ。

 「オウチーノは穐田氏の出資が決まる前、競合企業にも資本提携の提案を持ちかけていたようだ。今後、穐田氏がオウチーノをどのように立て直すのか関心はあるが、われわれにとって脅威ではない」と、大手不動産情報サイト運営会社の関係者は言う。

■不利な状況からどう挽回するのか

 業績も水面下から浮上できずにいる。オウチーノは2014年度、2015年と連続で最終赤字を計上。前2016年度も、売上高11億円(前期比27.2%減)、営業赤字1.2億円(前期は800万円の黒字)、最終赤字は3.8億円(前期は2700万円の赤字)となり、赤字幅が拡大した。モンゴルの投資物件に対し、貸倒引当金を計上したことも赤字拡大の要因となった。

 井端前社長は「技術者が不足していてプラットフォームに脆弱な面があり、ユーザーの問い合わせ率を高めるような作り込みもできなかった。外注比率が高くコストの多くを占めているため、収益性を向上させるのが難しかった」と業績不振の要因を振り返る。

スポンサーリンク

 では、このような不利な状況から、穐田体制のオウチーノはどう挽回していくのか。

 まずは、収益柱である不動産情報サイトにおいて、中古不動産に活路を模索するとみられる。欧米と比較して新築中心の不動産市場が長らく続いてきた日本だが、人口減など環境変化への対応や空き家増加の抑制のため、国は中古住宅の流通など、住宅のストックを活用する市場への転換を目指している。

今後は多角化を進めるのか

 「中古流通をほかの多くの先進国並みに定着させたいという思いから、2008年に中古住宅のプラットホームサイトを立ち上げた」と井端前社長が語るように、オウチーノは以前から中古不動産市場に注力してきた。他社に水をあけられている新築不動産や賃貸の分野と比べれば、中古不動産市場での挽回の可能性はありそうだ。

 技術面については、元クックパッドCTO(最高技術責任者)でオウチーノの技術顧問に就任した舘野祐一氏の指揮の下、積極的に人材採用を進めるなど、すでに対応を急ピッチで進めている。

 また、穐田氏がクックパッドで推進してきた多角化路線は、オウチーノでも継続されそうだ。株主総会で変更された定款には、キャラクター商品の企画・開発や、金融業、投資業、そして旅行業法に基づく旅行業、旅行代理店業といった事業目的が追加された。

■今度こそ、志を貫徹できるのか? 

 穐田氏はオウチーノの会長職と並行して、経営者、投資家として複数の企業にかかわっている。クックパッドなどから株を買い取り58%保有の筆頭株主となったみんなのウエディングでも会長に就任している。また、株主として9.8%の株を保有する、発達障害のある児童向け教育やプログラミング教育などを手掛けるLITALCO(りたりこ)や、クラウドソーシングやポイント付与メディアなどを運営するリアルワールドの現任の社外取締役でもある。

 投資家としても、神奈川県や東京・多摩地区で地域情報誌を発行するタウンニュース社や、岐阜地盤の広告代理店である中広、卒業記念アルバム大手のマツモトの大株主に名を連ねている。このような穐田氏が関係する会社と協業する可能性はあるのか。オウチーノは「現時点で新経営体制の経営方針について発表できる事項はなく、しかるべきタイミングであらためて開示する」(同社広報)としている。

 前職のクックパッドでは創業者とのお家騒動に巻き込まれ、志を遂げることができなかった穐田氏。筆頭株主であり、取締役会長として経営を担うオウチーノでは「SUUMO」や「HOME’S」の牙城を崩すことができるのか。あるいは、不動産情報サイトだけの勝負を離れ、多角化による「住のプラットフォーム」で成功を目指すのか。穐田氏率いるオウチーノの挑戦が始まった。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170330-00165377-toyo-bus_all


名無しさん
2017/03/30 12:57
ゲーテちゃんのグッズ展開もそのうち出てきそう

【関連記事】

穐田誉輝がクックパッド社長退任するキッカケのお家騒動が…

穐田誉輝(あきたよしてる)元嫁が気になるけど…大丈夫??

何も見つかりませんでした。

【関連記事】

穐田誉輝がクックパッド社長退任するキッカケのお家騒動が…

穐田誉輝(あきたよしてる)元嫁が気になるけど…大丈夫??

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です!!