<ローソン>三菱商事支配強化ではセブンに勝てない?

 

<ローソン>三菱商事支配強化ではセブンに勝てない?
スポンサーリンク

 コンビニエンスストア「ローソン」が玉塚元一代表取締役会長の退任を発表した。今後は三菱商事出身の竹増貞信社長に権限が集中する。これはローソンの体質強化につながるのか。【週刊エコノミスト編集部】

 ◇「外様」の玉塚会長が退任

 2月の三菱商事による完全子会社化に続き、三菱商事出身ではない「外様」の玉塚会長退任でさらに三菱商事色が強くなるローソン。玉塚会長は会見で「2頭体制ではなく竹増社長をリーダーに三菱商事が徹底支援をするのがいい」と述べたが、「消費者より三菱商事の顔色をうかがう体制になるのでは」(他商社幹部)との指摘が早くも出ている。

 玉塚氏は、ユニクロを展開するファーストリテイリング社長などを経て、2010年にローソン顧問に就任、新浪剛史社長(当時)の右腕として活躍した。新浪氏の後を継いで14年に社長に就任したが、わずか2年で竹増社長に譲っていた。玉塚会長の退任は、3年前に竹増氏がローソンへ副社長として送り込まれた時からの既定路線だったと言える。

 ◇コンビニは商社にとって“おいしい”ビジネス

 商社にとってコンビニ事業は“おいしい”ビジネスだ。まず、商品を定価で売れるため取り込み利益は高い。さらに、自社が手がけるコーヒー豆や調味料、フライドチキンから弁当容器までさまざまな商品の提供先にもなり得るからだ。三菱商事の他にも、伊藤忠商事はユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)に34.5%、三井物産もセブン&アイHDに1.83%を出資している。

 とりわけコンビニへの関与を深めているのが三菱商事だ。食料部門出身でローソン役員も務めた経験のある垣内威彦社長が昨年就任するとすぐさま、ローソンの株式を33.4%から過半数以上に買い増すことを発表した。

 垣内社長は就任時に収益改善の目玉として、収益性の低くなった資産・事業は外部へ売却し、それを原資に将来性のある分野へ投資する「積極的な資産の入れ替え」を掲げた。

 ローソンの子会社化はその大型案件第1号とも言われたが、マスコミや市場関係者から「目新しさに欠ける」と批判された。それだけに垣内社長の子会社化への執念は強く、社員に「子会社化の相乗効果を上げなければ」とのプレッシャーが働いてもおかしくない。

 三菱商事は子会社化の狙いに、人材を送り込み、三菱商事が関与する流通ルートや原料・食品メーカーを利用する「連携の強化」を掲げる。連携強化が実行されていることを裏付けるように、最近、複数の非三菱系の食品メーカーから「ローソンからの注文が減った」との証言が聞かれる。

 ◇昔はダイエー、今は三菱商事の顔色を見る

 ローソンはかつてダイエーが筆頭株主で、三菱商事は経営に口出しのできない少数株主だった。その時に三菱商事で担当室長だったのが新浪氏。新浪氏は当時を「商品調達は『グループ会社からの調達』と指示が来る。コンビニ経営に不可欠なIT(情報技術)も(ダイエーの)関連会社を中心に2000億円弱をかけてシステムを作っていた」(「毎日新聞」09年9月9日付)と歯がゆそうに振り返っている。

 01年に三菱商事が筆頭株主になったのを機に新浪氏がローソン社長に就くと、「ダイエー的なもの」との決別をはかった。その結果が、材料の品質にこだわった「おにぎり屋」など独自開発商品のヒットだった。ポイントカードで顧客の購買動向を細かく探って、商品開発に生かすITシステムも、いち早く導入した。新浪氏は、親会社に利益をもたらすことは二の次にして「ローソンだけを見て、企業価値を上げてほしいと考えていた」と振り返る。

 この歴史を見れば、「三菱商事的なもの」が拡大している現状は時代逆行にも見える。

 セブン-イレブン幹部は「うちはどこの商社にも持たれていない独立系」と自負する。出資比率が議決権行使に遠く及ばない三井物産には頼らず、商品調達は商社系以外の卸売り・メーカーも競わせている。それが日販65万円(セブン-イレブン)と54万円(ローソン)との差とも言えるだろう。

 影役に徹する商社は法人向けのビジネスモデルが中心だ。その中でコンビニ事業は、数少ない「消費者に顔の見えるビジネス」だ。新生ローソンの商品は果たして、消費者の目にどう映るのか。

参考:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-00000010-mai-bus_all

スポンサーリンク


名無しさん
2017/04/27 09:41
大きい会社が株主であっても、
お客様や従業員にとってはあまり関係ありません。
お客様や従業員の目線で「良い」と判断されれば、
人気も上がっていくでしょう。
(現実はそうはいかないが… あくまでも理想)

名無しさん
2017/04/27 09:38
ローソンでも7.11でも、買いたい時にそこに店があれば良い訳で。消費者としては、コンビニに何処の商社が介入しようがしまいが、あまり関係ないです。

名無しさん
2017/04/27 09:33
旧財閥系の発想で大丈夫?

名無しさん
2017/04/27 09:33
ローソンとファミマがあるとすると、ファミマを選んでしまう。

名無しさん
2017/04/27 09:37
三菱商事やグループ会社ではなく、消費者へもっと目を向けてほしい。
どうしてローソンではなく、セブン、ファミマを選ぶのかを考えてほしい。

名無しさん
2017/04/27 09:53
お弁当系以外、コンビニってほとんど差がない気がする。家の近く、もしくは帰り道の途中にある店であれば、セブンでもローソンでも構わない。まして親会社がどこかなんかどうでもよすぎる。

名無しさん
2017/04/27 09:33
財閥色が出てくるのは、我々一般大衆が商売相手のコンビニにとっては良くない傾向でしょうね。

名無しさん
2017/04/27 10:01
身も蓋もない話だけど、店舗の外観が青って食べ物売るのに向いてない気がするだよな。
関東はセブンやファミマが多くて慣れて無いせいかな。

名無しさん
2017/04/27 09:48
小売りビジネスは消費者目線が何より大事。紐付きの取引はマイナスになります。セブンイレブンの鈴木さんはそれだけは徹底していた。

名無しさん
2017/04/27 09:42
ローソンのコーヒーは店員が入れるのでめんどくせー。
rot*****

名無しさん
2017/04/27 09:48
小売りビジネスは消費者目線が何より大事。紐付きの取引はマイナスになります。セブンイレブンの鈴木さんはそれだけは徹底していた。

名無しさん
2017/04/27 09:42
ローソンのコーヒーは店員が入れるのでめんどくせー。

名無しさん
2017/04/27 09:38
コンビニできすぎ

名無しさん
2017/04/27 10:03
>日販65万円(セブン-イレブン)と54万円(ローソン)との差とも言えるだろう。
数値が如実に物語っておりますよね。

名無しさん
2017/04/27 09:56
母体と肩書きがどうであれ、お客を上から目線で見てる?考えてる人間?企業?に明日はない。例えばアイデアも掃除もした事のない人間が掃除の事をわかるはずもなく。料理をした事のない人間が料理をわかるはずもなく。ある程度底辺の衣食住の経験者じゃないと…。

名無しさん
2017/04/27 10:12
底辺に経営できる訳がない。

名無しさん
2017/04/27 09:51
三菱って、やってること、ことごとく外れてるよね。
ダイヤモンドに金を渡して、「三菱最強伝説」なんていう
提灯特集をさせても、凋落の道はとどめようがない。

名無しさん
2017/04/27 09:35
玉塚、なんで自ら三菱の支配下になって
やめちゃったんだろ

名無しさん
2017/04/27 10:01
生活の場所と考えてないのでしょうね。

名無しさん
2017/04/27 09:53
7は売っているモノが圧倒的に美味しいのよ。そこだけを改革できれば勝てるよ。

名無しさん
2017/04/27 10:06
LAWSONで食べれるのは
クルミパムだけだ!

名無しさん
2017/04/27 09:49
そうなると思うね。ファミリーマートは独自ブランドは庶民に
安い商品を提供してるから。まあ最近三菱がつくと某教授のように
私も敬遠気味です。昔の尊敬して三菱とは全然変わってしまった

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です!!