1970年代の食卓 電子レンジ使用拒否や「飽食の時代」化

?

スポンサーリンク

 料理番組『きょうの料理』(NHK)が2016年11月、放送60年目に突入した。かつての日本の食卓はどのようだったのか。家族が集まる年末年始に、時代とともに移り変わるわが家の食卓の昔と今を考えてみたい。

 ここでは、1960~1970年代を振り返ってみよう。1964年に東京五輪が開催され、その後の高度成長によって国民の生活は急速に豊かになった。生活が洋風化し、家族が囲んだちゃぶ台はテーブルと椅子に変わった。カレーライスやハンバーグなど、家庭料理の洋風化もどんどん進んだ。

 ところが、相反するように『きょうの料理』では和風の家庭料理を紹介することが多くなっていく。

 1966年に番組がカラー化され、1967年の12月には初めて純日本的な「正月料理」の特集が組まれて大ヒット。昆布巻きや煮豆、雑煮などおせち料理の基本を教える内容だった。1979年から現在まで『きょうの料理』の番組制作にかかわっている、現在フリーディレクターの河村明子さんはこう語る。

「高度成長期以降、核家族化が急速に進み、実母も姑も身近にいない人が増えました。昔であれば母親や姑が教えてくれたことを、誰も教えてくれない。家族においしい和食を食べさせたいけど、作り方がわからない。『きょうの料理』はそんな女性たちにとって、基本的な料理を教えてくれる母親の役割を果たすようになったんです」

 まだ「主婦が料理を手作りして家族に食べさせる」のが当たり前だった時代。台所を1人で預る主婦たちにとって、『きょうの料理』は最も近いところにいる頼るべき先生のような存在だった。75才女性が振り返る。

「結婚して最初の年でした。年末が近づいてきて“おせちを作らなきゃ”と思ったけれど、どうしていいのかわからない。藁にもすがるような思いで『きょうの料理』のテキストを買いに走ったのを覚えています。その年は黒豆や昆布巻き、栗きんとんだけだったけれど、毎年少しずつレパートリーを増やしていきました。毎年、子供が喜んで食べてくれたのを思い出します」

参考:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161230-00000014-pseven-soci

スポンサーリンク


堀江泰子
2016/12/31 05:23
本が売れないと言われるなかで、今でも続いてるのは、時代にあわせた内容でやってきたからこそなんですね。

堀江泰子
2017/01/04 10:46
今日に料理・ビギナーズが最近難しすぎるような感じになった。
料理を始めた男子や一人暮らし初心者・学生に
本当に助かった。
基本を教えてくれた本だった。
いまはクックパットがこれに変わって来ているのかな。

堀江泰子
2016/12/31 00:19
今はおせちの作り方もネットで検索できるけど、昔はほんとに本しか、情報源がなかったからね。。

堀江泰子
2016/12/30 21:17
「電子レンジが手抜き」…今は手抜きが当たり前だな?。
おせちも買うのが普通だし。

堀江泰子
2016/12/30 18:03
〉「主婦が料理を手作りして家族に食べさせる」のが当たり前だった時代。
→既婚女性も企業活動の労働力として期待されている現代とは、だいぶ事情が違ってそうですね。

堀江泰子
2016/12/31 19:49
ええ記事書くな?\(//∇//)\

堀江泰子
2017/01/04 11:34
テキスト100万部の「牛肉の酢じょうゆ漬け」を食べてみたい!!

堀江泰子
2016/12/30 21:23
おせちのくだり、絶対ないわー。
私ら世代でも誰も喜ばないし、子供も食べたくない言ってるよ。

堀江泰子
2016/12/30 22:54
固定概念に囚われたおせちしか知らないならそうでしょうね。
今は現代の人に合わせたおせちのレシピもあったり、保存技術が上がって昔みたいに濃すぎる味付けにする必要がなくなったので、買うにしても作るにしても、その家庭に合ったものを選択できるんですけどね。
子供も食べたくないようなものしか作れない事がかわいそうですね。

堀江泰子
2016/12/30 23:09
『私ら世代でも』の『でも』ってご年配の世代でもって事ですか?
『私ら5、60代でも』って事ですか??
純粋に気になりましてf(^^;

堀江泰子
2016/12/30 23:10
でも最近の子供ってそうかも‥親戚の子供や友達の子供も御節にはあまり手を付けないな。食べても伊達巻かまぼこ数の子イクラくらい。

堀江泰子
2016/12/30 23:10
栗きんとんや昆布巻きは買ったものは変に甘ったるくて好きではないけれど、母の手作りのは美味しくて大好き。私は30代だけど、小さい頃から喜んで食べていたけどなぁ。

堀江泰子
2016/12/30 23:36
和洋折衷にしたり、オードブル形式にしたりアレンジしたらいいのに。

堀江泰子
2016/12/30 23:48
確かに、おせちまずいとは言わないけど、とりたてておいしいわけじゃない。実はお正月は別のもの食べたかったりして(笑)
でもおせちも縁起物だからね~
料理って作る人のまごころがこもって、それでよりおいしくなるのだと思ってたけど、人を見下すようなメンタルの人でもおいしい料理が作れるなら、作り手のまごころなんてあんまり関係ないかw技術ですね!

堀江泰子
2016/12/31 00:03
うちの小1の長男は、おせち好きですよ。黒豆も田作りもかまぼこも、昆布も煮しめも。もちろん伊達巻も。
黒豆は普段からよく食べます。
お節は縁起物であると同時に、食の有り難さを教えてくれるものでもあると思います。

堀江泰子
2016/12/31 01:21
私もそれ聞いたことあります。
でも、3日くらい作り置きができてしかもおいしいとあれば、昔からお正月だけではなく一年を通して作られてきたでしょうね。
でも実際にはお正月だけのお料理として伝わってるということは、昔の人もそんなにおいしいとは思ってなかったのかもw

スポンサーリンク


こちらの記事も人気です!!